主要登場人物

桐壺帝/桐壺院

源氏の父。身分の高くない更衣ばかりを寵愛した。のちに藤壺を後宮に迎えて寵愛する。

桐壺更衣

源氏

藤壺

葵の上

頭中将/内大臣

光源氏の恋のライバル。派手好きで白黒つけないとすまない性格。(と光源氏から評される)須磨:三位中将(さんみのちゅうじょう)

空蝉

夫が亡くなった後は継子から言い寄られ、出家する。その後、二条東院に引き取られ光源氏の庇護を受ける。

夕顔

頭中将の元愛人。頭中将との間には子ども(玉鬘)もいたが、妻の仕打ちを恐れて仮住まいをしていた。そこで夕顔を求めた光源氏と和歌の贈答をきっかけに出会う。自己主張をしないはかなげな女性。 光源氏から二人きりになりたいと近くの廃邸(某の院...

六条御息所

娘の後見を光源氏に頼み亡くなる

紫の上

藤壺の姪。祖母と暮らしていた10歳の時、光源氏によって見初められる。光源氏によって理想の女性にと育てられる。

末摘花

常陸宮の箱入り娘。像のように長く先の赤い鼻を持つ。源氏からは、その鼻の赤さから紅花の別名「末摘花」と呼ばれる。須磨に退去した源氏を、生活に困窮しながらも一途に待ち続ける。偶然、光源氏が常陸宮邸の前を通りかかり、末摘花が自分を待っていたことを...

朧月夜

右大臣の六女。弘徽殿女御の妹。東宮への入内が決まっていたが、光源氏に純潔と心を奪われてしまう。名前は光源氏と出会う際に「朧月夜に似るものぞなき」と口ずさみながらやってきたことに由来する。

花散里

源氏の父・桐壷院の女御であった麗景殿女御の妹の三の君

明石の君

六条御息所に似て自尊心が高い

明石の姫君

3歳で実母・明石の君の元を離れ、紫の上に養育される。

朝顔

光源氏の従姉妹(いとこ)。斎院をつとめた。十代の頃から光源氏に言い寄られていたが、なびかなかった。

夕霧

光源氏の息子。真面目。雲居雁(くもいのかり)と同じ三条宮で育ち、恋を育んだが雲居雁の父である内大臣(元の頭中将)によって引き離される。雲居雁の乳母の「六位ふぜい」という言葉が悔しく、出世して恋を実らせようと努力する。

玉鬘

頭中将と夕顔の間に生まれた。母が行方不明になった後、母の乳母によって大切に育てられる。筑紫へ下るも、20歳になると母・夕顔以上の美人に成長。地元の豪族・大夫監(たいふのげん)の求婚から逃れ、上京する。

柏木

雲井雁